お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、2024年5月23日(木)を以ちましてイベントサーチAPIの無料での提供の廃止を決定いたしました。
2024年5月23日(木)以降より開始予定の「connpass 有料API」の料金プランにつきましてはこちらをご覧ください。

お知らせ connpassをご利用いただく全ユーザーにおいて健全で円滑なイベントの開催や参加いただけるよう、イベント参加者向け・イベント管理者向けのガイドラインページを公開しました。内容をご理解の上、イベント内での違反行為に対応する参考としていただきますようお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Feb

28

(オンライン読書会) これが現象学だ

『これが現象学だ』を読み進めます! 3章3節P146以降です。

Organizing : 山田 哲寛

(オンライン読書会) これが現象学だ
Hashtag :#現象学
Registration info

参加者

Free

FCFS
4/15

Attendees
shinya ogasawara
philomagi
山田 哲寛
aki.m
View Attendee List
Start Date
2024/02/28(Wed) 19:30 ~ 21:30
Registration Period

2024/01/15(Mon) 21:16 〜
2024/02/28(Wed) 21:30まで

Location

オンライン

オンライン

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)
出席登録
(イベント開始時間の2時間前から終了時間まで、参加者のみに公開されます)

Description

概要

これが現象学だ

現代哲学の大きな潮流をなす現象学とはそもそも何なのか。空虚になった学問の危機を克服し、人間の直接経験から出発して世界に至る思想の全貌を解説!

この読書会は事前に指定の章みんなで読んでくるスタイルの読書会です。

参加人数が5-6人の場合、みんなでオンラインホワイトボード(MURAL)に気になったワードや疑問点を貼り付けながらディスカッションする形で進めていきます。

事前準備 (※今回も全員が3章を読んで来るのが宿題です。2章に比べてとっつきやすいです。)

前回の本『精神と自然 生きた世界の認識論』『能動的推論 心、脳、行動の自由エネルギー原理』 はジグソー法でなく、全員でオンラインホワイトボードに書き込みながら語り合いました。)(ご参考) オンラインホワイトボードのサンプル

読書会のやりかた いろいろ試行錯誤していきます

この読書会は「ひとりで読むのは大変な学術的な本や難しい本をみんなのちからで読んでいこう」という趣旨の読書会です。オンラインでのやりかたは手探りで試行錯誤しています。

1つのテーマ本を数ヶ月かけて読むので、ちょっと疲れてくるかもしれません。そこで、次回はさいごの15分程度を「課題本以外で読んでいる本、気になっている本の紹介タイム」にしてみたいと思っています。

知識構成ジグソー法ができる十分な人数(9名~)がそろった場合の進め方

十分な人数が集まった場合は、教育心理学概論で紹介されている学習方法である知識構成型ジグソー法で、実施します。

(参考)事前準備(ジグソー法が実施できる人数の場合)

人数が十分に揃った場合は、知識構成型ジグソー法という、方法で以下の手順で学んでいきます。その場合は予告いたします。

  1. 参加者は3つのグループに別れます。(イベントの参加から、こちらで事前に担当章を分けさせていただきます。人数が少ない場合はグループに別れない可能性もあります。) Discordにて振り分けをご連絡します。

  2. 自分の担当の章を読んでおきます。大事だと思うところに印などを付けておいてもらえるとなおありがたいです。

(参考)担当一覧(ジグソー法が実施できる人数の場合)

前回ご参加いただいた方の希望担当章に応じた割り振りをdiscordに記載しております。

前回参加なくとも初参加も歓迎です!追加されましたら再度割り振りします。(10日前までぐらいに) なお、もし希望ありましたら下のフィードに書き込みください。

(参考)当日(ジグソー法が実施できる人数の場合)

  1. 同じ章を読んだ人が集まって大事な所や要点を確認します(エキスパート活動) 40min
  2. それぞれの章を読んだ人が集まって、エキスパート活動で話した内容を共有します(ジグソー活動)30min
  3. 自分なりの考えを話す、自分の経験とつなげて説明するなど、より理解を深める。30min
  4. 日程決め
  5. 気が済むまで気になる人が残って対話(クロストーク)

希望の章がある方も、そちらの書き込みでお願い致します。 過去の参加回数の多い方を優先することがありますので、ご了承ください。

会場について

しばらくオンラインに変更となります。 discordで行います。

勉強会の方針

みんなで学んでいこうというスタンスで学んでいます。遠慮なく、疑問に思ったことを聞いてください。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

山田 哲寛

山田 哲寛 wrote a comment.

2024/02/13 22:59

開催日を2月21日(水)→2月28日(水)に変更しました。

山田 哲寛

山田 哲寛 published (オンライン読書会) これが現象学だ.

01/15/2024 21:16

(オンライン読書会) これが現象学だ を公開しました!

Ended

2024/02/28(Wed)

19:30
21:30

Registration Period
2024/01/15(Mon) 21:16 〜
2024/02/28(Wed) 21:30

Location

オンライン

オンライン

オンライン

Attendees(4)

shinya ogasawara

shinya ogasawara

(オンライン読書会) これが現象学だ に参加を申し込みました!

philomagi

philomagi

(オンライン読書会) これが現象学だ に参加を申し込みました!

山田 哲寛

山田 哲寛

(オンライン読書会) これが現象学だ に参加を申し込みました!

aki.m

aki.m

(オンライン読書会) これが現象学だ に参加を申し込みました!

Attendees (4)